開発環境の構築 1 > 開発環境の構築 2 > 開発環境の構築 3 > 開発環境の構築 4 > 開発環境の構築 5 > 開発環境の構築 6

開発環境の構築 6/6

Android Development Tools (ADT) のインストール

Android Development Tools (ADT) は、Eclipse からAndroid SDK を操作するアドオンツールです。

インストールはEclipse を起動して行います。

eclipse.exe をダブルクリックして起動します。

Eclipse は起動時にワークスペースを選択できるようになっています。

最初はデフォルトのワークスペースで作業します。 (デフォルトで作成されるワークスペースは preiades 直下の workspaceです。)

ワークスペースでプログラムが多くなってきたら新しいワークスペースを作るようにしましょう。

Eclipse が起動します。

ここからAndroid Development Tools (ADT) をインストールします。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Eclipse メニューの 「ヘルプ」 をクリックして 「新規ソフトウェアのインストール...」 をクリックします。

ソフトウェアのインストール画面が開くので、右上の 「追加」 ボタンをクリックします。

名前に「Android」(実際は自分の好きな名前で識別名をつけます。)

ロケーションに「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」 を入力後「OK」ボタンをクリックします。

ロケーション情報はAndroid Developers サイトに記述されています。

http://developer.android.com/sdk/installing/installing-adt.html

しばらくするとインストールできる項目が表示されるので 「開発ツール」 という項目を選択して 「次へ」 ボタンをクリッ クします。

NDKプラグイン はC++ 言語で開発する時に利用します。

インストール詳細画面が表示されるので 「次へ」 ボタンをクリックします。

ライセンスのレビュー画面が表示されるので 「使用条件の条項に同意します(A)」 のラジオボタンを選択して 「完了」 ボタンをクリックします。

ソフトウェアのインストールが開始されます。

インストールの途中にセキュリティ警告が表示されますが、問題ないので 「OK」 ボタンをクリックして続行します。

ソフトウェア更新のメッセージが表示され、再始動を聞いてくるので 「はい」 を選択して再起動します。

再起動後は右上の表示を確認します。

Eclipse が再起動したら、パースペクティブが Java になっていることを確認します。 (Androidのプログラミングでは Java を使います。)

Eclipse メニューの 「ウィンドウ」 をクリックして 「Android SDK マネージャー」 と 「Android 仮想デバイス・マネージャー」 が表示されていることを確認します。

これでAndroid Development Tools (ADT) のインストールは完了しています。

 

Eclipseメニューに表示されていない時の対応

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Eclipse メニューの 「ウィンドウ」 の 「パースペクティブのカスタマイズ(Z) …」 をクリックします。

パースペクティブのカスタマイズウィンドウが表示されます。

「コマンド・グループ可用性」 のパネルの左側に表示 されている 「Android ・・・」 の4項目にチェックを入れて 「OK」 ボタンをクリックします。

これで表示されるようになります。

設定を保存するために一度 Eclipse を終了して再起動します。

ADT は Android SDK のバージョンと対になっているもので、どちらも同じバージョンを使う必要があります。

SDK のアップデートが行われたら、ADT もアップデートして Eclipse をクリーンブートします。

※このEclipse メニューの 「Android SDK マネージャー」 と 「Android 仮想デバイス・マネージャー」 は、Android SDK に付属のものとは別になっていて、日本語化されていますが、Android SDK r22.6 のバージョン (ADT 22.6.0.v201403010043-1049357)では 「Android 仮想デバイス・マネージャー」 に不具合があるので、Android SDK に付属の AVD Manager を使って作業します。
次期バージョンでは改善されているかもしれませんので期待しておきましょう。

上記の問題は Android SDK r22.6.1 ADT 22.6.1.v201403111859-1066720 で解消されました。

 

これで開発環境は整いました。

問題がなければ次のレッスンに進んで下さい。

Last update 2014-07-17

Copyright(c) 1996 - 2014 Palf Corporation. All Rights Reserved.